<< ホームへ戻る

2016年1月5日

くらしを支える市政実現へ今年もともに進みましょう
矢崎正一・革新市政の会代表からの新年ごあいさつ

矢崎代表明けましておめでとうございます。本年も「憲法がくらしにいきる市政」実現へ、多くの市民のみなさま、そして会参加団体・地域組織のみなさまと力を合わせて進む決意です。よろしくお願いいたします。

 

昨年は、安倍暴走政治に国民の多くが異議を唱え、民主主義、立憲主義を守れと、自らの思いで立ち上がった画期をなす年でもありました。一方、大企業、富裕層のみが潤う新自由主義・アベノミクス政策のもとで進む貧困と格差の拡大は、私が携わる医療の現場でも日々痛感するところでもありました。

 

悪政の防波堤となって市民生活を支える市政が、今、本当に必要な時ではないでしょうか。名古屋城天守閣の性急な木造復元など、派手なことばかりぶつ市政ではなく、市民のくらしの願いにしっかり立った市政実現のため、今年もごいっしょに進みましょう。