<< ホームへ戻る

2017年2月23日

忘れない・諦めない――戦争法廃止!アベ政治NO!――毎月「19日宣伝」「3日スタンディング」つづける「瑞穂区の会」

19日の宣伝安倍内閣が強行した違憲の「戦争法」可決(2015年9月19日)に抗議し、同法の廃止めざして結成した「安保関連法廃止 戦争させない瑞穂区の会」は、結成から1年余、新瑞バスターミナル周辺での「19日宣伝」と「アベ政治を許さない」スタンディング(3日)に毎月欠かさず取り組んでいます。

 

2月19日は、春は名のみで風が冷たい日曜日。参加は9人と少数でしたが、いつものノボリ数本と、名古屋では初のお披露目という「共謀罪反対」の横断幕を掲げ、手作りのチラシと日弁連のミニビラ(使い捨てカイロ付き)を配布、署名も訴えました。

 

「寒いのにご苦労様、この国の平和、今、守らなきゃーね。そしてカイロみたいに心も温めてねー」の声は、今日がんセンターを退院してきたという女性。元気をもらいました。

 

■下は2月3日(金)1時~のスタンディング。こちらは暖かい日で18人の参加でした。

2月3日のスタンディング