<< ホームへ戻る

2017年12月25日

名古屋市に来年度予算重点要望書を提出 2017.12.19

 安心して暮らせる名古屋を

革新市政の会が来年度予算重点要望書を提出

 

 革新市政の会(矢崎正一代表)は、12月19日、「2018年度名古屋市予算への重点要望書」を、河村たかし市長に提出しました。
 要望は、福祉・医療・介護から、平和の課題まで、市民生活全般にわたる153項目。このうち、河村市長が天守閣の木造復元を強引に推し進めようとしている名古屋城については、「現在の名古屋城を文化的財産として大事にし、名古屋城を含む公園全体を、観光の場としても市民の憩いの場としても、魅力のあるものに整備すること」と求めています。(ここをクリックすると来年度予算重点要望書全文をご覧いただけます)