革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

革新市政の会
世話人総会ひらく

万博・空港の中止を求め、敬老パス守れ、国保2割負担堅持の運動を!

 

 12月21日(金)午後6時30分より自治労連愛知県本部において開かれた総会で、名古屋市長選挙の総括文書を確認し、新年度の方針と新役員を選出しました。

 新しい役員体制では、長年にわたって代表をつとめられた井上利雄氏が退任され、新しく見崎愛労連議長が代表に、また事務局長に大黒名古屋市職労委員長(再選)が選出されました。

 方針では、革新県政の会と一緒に万博の中止・返上を求める署名運動などをすすめ、国保2割負担堅持、福祉の充実、名古屋市議会の傍聴活動などをすすめることが決められました。

【資料】