革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

敬老パス削るな!の宣伝に「頑張れ!!」と市民の激励
愛知年金者組合が新春栄宣伝行動

 

 1月7日、年金者組合は、栄交差点で敬老パス存続! 福祉医療改悪反対を訴える宣伝行動を行いました。

 敬老パスは、市民が28年間守り抜いてきた名古屋の宝であること、高齢者がいつまでも元気に外出できる守り神であること、名古屋の市営交通を守り市民の足を保障している貴重な施策であること、などを訴えました。

 東京都では所得制限を導入した結果利用者が10万人も減ったと言われていますが、名古屋でこんな事態になれば市バスの赤字路線からの撤退は必至で、この問題は高齢者だけの問題にとどまらず、市民の交通を守る上でも重要であると。

 「そのとおりだ、がんばれ!」とか「それは知らなかった、大いに宣伝をしてほしい」など市民との対話もはずみ、用意した1,000枚のチラシもまたたく間に無くなる状況でした。

 まだまだ市民に知らされていない、市民とともに敬老パスを守っていきたいと言う思いをいっそう深くしました。

 

<愛知年金者組合発>