革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

高齢者福祉と介護・福祉医療・国保改善を!と
県内各地から代表者が参加、経験交流を行う

 

 2月16日東別院会館で、愛知県社会保障推進協議会(県社保協)が、「2001年自治体キャラバン」のまとめと、県内各地の要求と運動の交流集会を開催しました。

 はじめに、県社保協事務局長から「愛知県、名古屋市の他87自治体に対して、医療・介護・福祉・雇用問題で懇談とアンケート要請を行ったこと、すべての自治体からアンケート回収したこと、文書回答を準備していた自治体が30自治体あったこと、キャラバン行動参加者延べ911名、地元日本共産党議員98名、自治体側345人でした。反省として、事前の意思統一が不足しており、今後事前学習会が重要である。」との報告がありました。

 引き続いて、各担当者からアンケートにもとづく各自治体の介護、福祉医療、国保、雇用対策のまとめが報告されました。報告はよくまとめられており、県下の実態を知るうえで貴重な資料となります。

 報告の後短い時間ではありましたが、県の高齢者の福祉医療切り捨て計画、継続的な対自治体運動の必要性など活発な討論が交わされました。

まとめの資料については県社保協へお問い合わせ下さい。
電話052−889−6921