革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

国民的統一行動に呼応して県内各地で、
医療改悪反対の宣伝署名行動

[街頭宣伝][署名活動]

 4月12日、全国で全労連の春闘統一スト(行動)、社保協をはじめとする諸団体の医療改悪反対統一宣伝署名行動が終日行われました。

 愛知県内では、愛労連傘下の10単産がストや集会、県下11地域で労組や医療、業者など民主団体が共同して街頭での宣伝・署名・医療生活相談等の行動を実施、愛知県社保協も栄で終日のロングラン宣伝・署名行動を行いました。

 なお4・12統一行動に合わせて、「いのちとくらしをまもる県民共同行動実行委員会」が4月9日に朝日、毎日、読売各紙に、受取人払いの署名付きハガキチラシ折込み、中日新聞には意見広告を掲載しました。22日現在、995通が返信され、署名3107筆、一言欄には674項目にもぼる怒りの声がびっしり寄せられています。

 

医療保険改悪法案阻止で、5月2日地元議員要請、
15日には中央行動参加を
いのちとくらしをまもる県民共同行動実行委が呼びかけ

 政府、与党は、医療保険改悪法案を4月24日の衆院厚生労働委員会で提案説明し、早期通過を狙っています。4月下旬から5月に向けていよいよ重大な段階に入ります。

 いま全国では、中央社保協、日本医師会、日本歯科医師会、連合など合わせて2,380万の反対署名が国会に届けられています。これは1997年の医療保険改悪反対の1700万人を大きく上回っています。

 愛知県では、「いのちとくらしをまもる県民共同行動実行委員会」が、5月2日には地元国会議員事務所への要請行動、15日には厚生労働省前座り込み、同委員会傍聴及び議員要請などの中央行動への参加を呼びかけています。