革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

中部空港建設
今からでも中止できる

 

 4月13日熱田区の労働会館で「中部国際空港建設の見直しを考えるネットワーク」主催の『中部国際空港問題シンポジウム』が開催されました。

 パネリストとして自衛隊機地強化反対・名古屋空港存続を求める会の米倉学代表世話人、山田明名古屋市立大学教授、林信敏県議会議員、コーデイネーターを中川武夫中京大学教授が務められました。

 各パネリストの報告で、名古屋空港が自衛隊小牧基地として強化される危険、過去最大の県債発行でいっそう破綻する愛知県財政、過大需要予測などの問題点などが浮き彫りにされました。

 参加者からは「南方貨物線のように中止できる」「幡豆の土取りも中止させた」などの意見も出され、会場に、「これまでの運動の成果を力に、建設の見直し・中止を求める運動を一層すすめよう」という決意がひろがりました。