革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

「愛知介護の会」が講演会と県内各地との交流会を開催
石川満氏が「介護保障と課題を名古屋から考える」を講演

 

 介護保険事業が今年で3年目に入り、来年は計画の見直しの年となります。しかし予算面から考えると、この秋から検討に入らなければならないことから、見直しまであと1年とはいっておれない時期にさしかかっています。

 こうしたなか、「介護の充実を求める愛知連絡会」(愛知介護の会)は、さる4月13日、石川満氏(日本福祉大)を招いて講演と県内各地の取り組みの交流会を開催しました。

 集会は、特定非営利法人(NPO)「犬山あんきにくらそう会」代表の村田さんのグループホームの取り組みの話、その後1時間余にわたって、石川先生からこの3月にまとめられた名古屋市の介護保険に関する調査報告をもとに、介護保障はどうなっているか、どう考えて行くべきかの講演がありました。

 交流会では、各地域から介護保険実施状況や問題点などの報告がされました。