革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

政府の核兵器保有発言に怒り、平和の声高らかに
桜が丘高校をはじめ各地で多大な歓迎(あいち平和行進)

 

 5月31日、平和行進が、静岡県から車椅子に乗って行進に参加された杉山さん(静岡県原爆被爆者団体役員)を先頭に愛知県に入りました。

 降りしきる雨の中、「核兵器廃絶・平和大行進」の横断幕とのぼりを掲げた隊列が元気いっぱい行進し、出迎えた愛知県側の人たちをふくめて約500人が、拍手と歓声ののなか、互いに握手し、「通し行進旗」の引継ぎを行いました。

 第1日目のあいち平和行進は、雨の豊橋を行進、晴れてきた夕方、桜が丘高校に到着しました。校内には中学、高校の先生や生徒など、学園一体となった大歓迎会が開かれ、行進団合わせて300名の熱気ある集会となりました。

 第2日目は、豊橋市役所と豊川工廠慰霊碑前を出発し、蒲郡まで県内コース最長の30キロを行進しました。この日の募金は7万483円、有事法制反対署名426筆が寄せられ、行進沿道の人々の「平和」への関心の強さを実感しました。

 しかし、なんとこの日、新聞トップに「日本が核兵器保有もあり得る」発言報道に、行進参加者280名は、怒りに震えるとともに行進にいっそう力が入りました。

 6月2日から6月4日現在、小泉内閣の戦争国家づくり法案、核三原則見直しを許さないと、統一した市民・国民平和行進は、岡崎、安城、刈谷、豊田など西三河地域を縦断しています。

 今後の日程は、6月7日津島市役所(出発9:30)、8日春日井高蔵寺東部市民センター及び春日井・柿の木池北(出発9:30)、8日小牧市役所(出発9:30)、9日には名古屋市内12コースから中区若宮公園への集中行進・同公園でのピースアクション(午後1時30分から)、10日一宮市役所(出発9:30)、11日名鉄江南駅(出発8:50)、小牧市役所(出発9:15)、岐阜県への引継ぎは6月11日午前12時20分各務原市民プール横となっています。

 みなさんの行進参加を呼びかけます。