革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

自公保与党議員のみで医療保険改悪案を委員会強行採決
国会会期延長を許さず、廃案に追い込むたたかい急務

 

 前日に名古屋で開かれた地方公聴会で公明党議員が「国会審議に存分生かさせてもらう」と言っておきながら、6月14日、自民、公明、保守が与党議員だけの厚生労働委員会で参考人質疑や公聴会の「慎重審議」の声も無視して、審議打ち切り、強行採決の暴挙を行いました。

 政府与党は会期内に衆院本会議可決し、会期を延長して参院を通過させ、法案成立を狙っています。廃案に追い込む時間はまだまだあります。全国各地から会期延長反対、健保改悪法案廃案の声を一気に高めることが求められています。