革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

知事さん!健康と環境守って!
「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動」が
真剣な要請

 

 7月12日、愛知県庁において第26回「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動」
が行われました。

 会合は午前11時、知事応接室で行われ、はじめに野呂代表(弁護士)から「21世紀は環境復元の世紀。環境行政をぜひ推進していただきたい」と基本要望を述べあいさつ、これに対して神田知事は「26回積み上げられたこの会を大変意義深いものと思っています。」と応えました。

 話し合いのなかで、知事は、新空港の関連では「カジノについては考えていない」と表明し、また「愛知注射による筋短縮症の会」に対しては「補助金カットでめいわくをかけてることはおわびしなければならないと思っている」と発言しました。

 この会は、毎年、知事と直接会い、直接話し合いがされる重要な意味をもった会として、双方が真剣で率直な話し合いが続けられ、「緊迫感あふれる40分」となりました。

 これを引き継いで、午後からは場所を自治会館に移し、関係部局長らとの話し合いがされ、「愛知を良くしたい」「健康・環境などを守りたい」の思いが熱心に飛び交う会合が4時まで行われました。

 この日参加した団体は以下の通りです。

「名古屋新幹線公害対策同盟連合会」
「矢田・庄内川をきれいにする会」
「藤前干潟を守る会」
「汐川干潟を守る会」
「渥美自然の会」
「愛知注射による筋短縮症の会」
「アジアの浅瀬と干潟を守る会」
「六条潟と三河湾を守る会」
「幡豆の自然を守りたいトラストの会」
「自然観察を楽しみ・学び・守ろう長久手町くての会」
「愛知県保険医協会」

「愛知県公害患者の会連合会」
「海を漁民の手にとりもどす会」
「豊川を勉強する会」
「設楽ダムと環境を考える東三河の会」
「王子製紙公害をなくす住民の会」
「瀬戸環境を考える会」
「道路公害反対愛知県民会議」
「空港を考える市民の会」
「中部国際空港建設見直しを考えるネットワーク」
「産業廃棄物施設(松河戸)を『阻止する会』」