革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

日本人よ、再びアジアに銃を向けるのか!
「平和のための戦争展」で731部隊関係資料展示

 

 8月13日〜17日まで愛知県中小企業センターで開かれた「2002年・愛知平和のための戦争展」(同実行委員会主催)で『731部隊関係資料』が展示され、連日大勢の人が会場を訪れ、「平和・戦争」への関心の高さを示しました。

 展示会では「戦争とはなにか」「我が家と町はどう崩壊したか」「民衆はどのように戦争にかかわったのか」など8項目に亘っての展示で、「日本人よ、再びアジアに銃を向けるのか!」と訴え、いま、「平和のために何が出来るか」を厳しく問いかけていました。

 ミニステージの「証言」はどれも圧巻で、満席でした。例えば、「戦争と言えば、輸出や輸入も出来ないが、事変だと言って中国から物資を日本へ運びこんだ『支那事変』の話し」など、改めて聞く興味深い内容など、何度もうなづきながら聞き入りました。

 小泉内閣が「有事法制」の制定を狙って継続審議を強引に決め、「戦争をする国・日本」づくりをすすめる危険な動きの中で、多くの若い人たちがボランティアとして活動に参加している姿が、明日への希望を持たせてくれました。

<寄稿・熱田区 奥村一平さん>