革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

長野知事選、田中康夫さんが圧倒的勝利

田中康夫  822,897票 当選
長谷川敬子  406,559票

(投票率 73.8%)

 

長野県知事選学習ツァーに参加して

 

 「愛と希望の市民自治名古屋をつくる会」では8月25日に学習会の一環として長野県知事選挙を学ぶツァ−を行いました。

 はじめに「茅野の勝手連」の事務所を訪れました。個人のお宅の作業場を事務所にしつらえての、まさに手作り選挙という感じで、思うところ大でした。伺うお話も、「長野を根底から一新するには、この選挙が山場であること、それも勝つのはあたりまえで対立候補の2倍票をとるつもりで挑まないとダメ」という、根性も度量も大変な意気込みでした。

 次に「諏訪の勝手連」に向かい、会長さんにお目に掛かって、田中候補の人となりを詳しく伺って「へぇ−」というようなこともあり、1年8ヶ月の間の足跡・功績など改めて「すごいな〜」と感心いたしました。

 茅野と諏訪の地での3時間程の短い交流でしたが、「百聞は一見にしかず」と申しますか、『勝手連』の持つ力と行動力に心底、感動しました。来年にせまった愛知の県知事選に、あのやりかたのどこが参考になるかはまだ言えませんが、確かに選挙戦を闘うひとつの方法をこの目で見て体感しました。

今後も学習体験ツァ−を企画実施していきたいと思っています。

「愛と希望の市民自治名古屋をつくる会」幹事 若尾真理子