革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

2002年愛知自治体キャラバン、
県、名古屋市のぞく全市町村訪問
現地参加者含め延べ千名余が参加し、介護、福祉医療、国保で懇談

 

 愛知県社保協、愛知県労連、自治労連県本部が事務局となり、県内民主団体、労働団体等でつくる「愛知自治体キャラバン実行委員会」は、10月11日〜17日にかけて、県、名古屋市をのぞく県下87市町村を訪問し、「安心できる介護保障の確立」「福祉医療・福祉給付金の存続・充実」「国保の改善・充実」「国に対する意見書・要望書の当局提出や議会採択」についての陳情と懇談を行いました。

 訪問先の自治体では、いずれも介護保険料の値上げ、介護サービス基盤整備、高齢者医療一部負担改悪にともなう事務手続き、国保問題などに苦慮している実態が出されました。自治体のなかには、こうした原因が国の制度改悪にあり、自治体で出来ることを模索しながら、国に改善を求める努力をしているところがある一方、自治体の役割の自覚に欠け、なすがままの行政に明け暮れているところもあり、その格差を知らされました。

 この行動には、各コース参加、訪問自治体での現地参加を含めて150を超える団体、延1071名が参加し、限られた懇談時間いっぱいを使って当局や議会事務局と話し合いました。
 なお、このキャラバン行動では、各自治体に介護保険、高齢者福祉、福祉医療、国保、東海・東南海大地震防災対策等のアンケートを送付し、訪問の当日に回答を得ています。現在、県社保協において各自治体との懇談内容及びアンケート集計作業が、12月頃をメドにすすめられています。