革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

ムダなダム工事・徳山ダム乱開発を見学

 

 11月8日、愛知県消費者大会実行委員会主催の「水源めぐりパート2」で、徳山ダム建設現場見学が行われました。当日は、観光バス満席の46人が参加しました。車内で水道労組の役員を講師に水の学習会が行われ、現地では公団職員の案内と説明で見学しました。ダムの高さ161m全国3位、総貯水量660,000千立方立方メートル全国1位と言う巨大な『中央土質しゃ水壁型ロックフイルダム』です。

 すでに移転された徳山村の跡地には粘土が積まれ、「これほどまでに自然を破壊して良いものか!」と、思わず叫びたいような工事が行われていました。

 しかも、中部電力は発電所を造らないのではないかと言われているほど電力需要の見通しは弱く、未だ工事をしていないと言われていました。

 「誰のための何のための工事か」と大きな疑問から怒りに変わる見学でした。