革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

「県政を変える」池住さんの決意に熱烈な拍手
「住みよい名古屋をめざす南区民の会」総会

 

 12月9日夜・南区役所大会議室で、2月の政治戦で、住民本位の県政を私たちの手にとりもどそう!!と、「住みよい名古屋をめざす南区民の会」の総会が開催されました。

 この総会に、愛知県政を変えるために無党派・無所属・市民派としてたたかう決意を固めた、池住義憲(いけずみよしのり)さんが駆けつけました。

 池住さんは「万博中止・国に返還」「くらし・環境重視、ガラス張りの県政をめざす」「公共事業中心のお金の使い道を変えよう」など決意を述べ、参加者から熱烈な歓迎の拍手を受けました。

 総会には70人余が参加し、それぞれの立場から「神田知事は、万博・空港にだけ熱心で、私たちの生活の基盤、福祉や教育に冷たい」「池住さんは、普段着で、ソフトで、そして偉ぶらない市民派の代表だ」など、さまざまな立場から意見・要望が寄せられました。

 総会は、さっそく池住氏支持を会の総意として決定し、ただちに宣伝や対話など旺盛に取り組むことを確認しました。また、県政を変えるたたかいの態勢なども確認し、12月24日駅頭・ターミナル宣伝行動など勝利に向けて活動を開始しました。