革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

NO WARの3千人の人文字
アメリカはイラク攻撃止めよ!の5千人デモ
久屋市民広場でいのちとくらしを守るビッグフェスタ

 

 3月23日日曜日、政党、労働組合、医療・福祉・業者などの団体、市民が参加する「いのちとくらしを守る大集会」が、名古屋の中心街の久屋市民広場で開かれました。

 集会では、各代表から「イラク攻撃を止めよ、有事法制廃案」「健保本人3割負担凍結」「消費税・大増税やめよ」「賃上げ、雇用を守れ」などの訴えがあった後、プログラムに書かれた「NO WAR on IRAQ」を頭上に3千人のNO WARの人文字が広場に描かれました。

 アメリカのイラク攻撃が激しさを増すなか、暖かな休日ということもあって、集会は時間を追って人の数が増え、ピースパレード時には5千人にふくれあがりました。ピースパレードはチンドンヤさんを先頭に、プラカードや横断幕などで沿道の人々に「イラク戦争反対」を呼びかけました。

 この日は、会場を取り巻くようにエアートランポリンや地震体験コーナー、医療、生活相談、模擬店などが立ち並び、また舞台ではうたごえ、バンド、コマまわし、太鼓などが演じられ、市民が気軽に立ち寄り、楽しみながら平和やくらしを考え合う一日でした。