革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

市議選すんだら敬老パス改悪。こんなやり方は許せない
(投稿:熱田区・医師 大川浩正)

 

 名古屋タイムス2003・4・14報道によれば、選挙に配慮して「手をつけずにいた」が、次期市長選までの間を逃したら「また当分チャンスはない」からだという。ずいぶん人を馬鹿にした言いぐさだ。

 改悪の理由に財政難を強調しているが、そんなら万博を中止すればよい。英国は財政難を理由に万博不参加を表明している。国、県、市とも英国にならったらどうか。青島さんが世界都市博を中止したのは開催10ヶ月前。万博までにはまだ23ヶ月もある。

 敬老パスを今まで通り続けるのか、それを削ってでも万博をやるのか、これこそ選挙で争うべきことだ。学歴詐称で罷免された議員がいたが、選挙中だんまりで、当選が決まるとこんなことをいい出す議員は公約詐称で罷免に値する。私としてははなはだ不満だが、遅ればせにでも正面切って議論しようではないか。