革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

学習・講演会『道路と政治・市民自治』ひらく

中川武夫中京大学教授が講演

 

 6月6日、熱田区労働会館にて、愛と希望の会主催、道路公害反対愛知県民会議共催で学習・講演会『道路と政治・市民自治』が行われ23名が参加しました。

講師の中川武夫中京大学教授は、大学紛争の時代の学生生活を送る中で「予防医学」を志し名古屋大学医学部公衆衛生(社会医学)を専攻し、早くから公害問題に取組んだと、思いや哲学が話されました。

  四日市から―沼津三島の運動や岩倉トラックターミナル公害反対運動に参加された経緯と体験、名古屋都市高速道路・名古屋第2環状線―いわゆる「マルサ計画」を詳しく講演し、「名古屋の道路問題」「道路公害の実態」を解明しました。そして「アセス制度」「情報公開制度」などの前進や環境対策を前進させた成果に触れながら、粘り強い運動の大切さと自治体政治の重要性を強調し、2年後の名古屋市長選挙への示唆を与えるものとなりました。