革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

「敬老パスの現行制度継続」「福祉給付金改悪の凍結」
の宣伝・署名行動を県社保協が縁日でにぎわう日泰寺で

 

 6月21日午前、縁日でにぎわう日泰寺で、「敬老パスの現行制度継続」「福祉給付金制度の改悪凍結」などで、県社保協が宣伝署名行動を行いました。

 この日、民医連、愛障協、愛商連、医労連、年金者組合などから13名のみなさんが参加し、道行く人々に訴え、215筆の署名が集まりました。

 「来年から福祉給付金の対象者に。名古屋市はめちゃくちゃなことをする」

 「8月から福祉給付金がなくなるなんて知らない。いつ決まったの。まだ市から案内がない。」

 「敬老バスのお陰で、今日のように気軽に外出できる。選挙では何もいわなかった」

 口々に名古屋市のやり方のひどさに、不満や怒りの声を上げながら、署名に応じていました。