革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

「介護の充実を求める会」が総会とシンポを開催
2005年制度見直しにむけて、地域からの運動強化を

 

 9月6日(土)午後1時30分から労働会館において、第5回「介護の充実を求める会」愛知県連絡会総会とシンポジウムが開催され、100余名が参加しました。

 シンポジウム「介護保険の見直し―いま介護の実態は」では、太田惠子(ケアマネージャー)、加藤孝夫(愛知社保協副議長)、八田ひろ子(日本共産党参院議員)の3氏から、これまでの介護保険の実施状況や介護サービスの実態を通して、問題提起がされました。

 総会の討論では、天白区、昭和区、千種区、北区、小牧市、瀬戸市など各地域の「介護の会」から、とりわけ家族を介護した体験や、名古屋市の配食サービスをめぐる問題、ヘルパーの労働条件改善の必要性など、限られた時間の中で貴重な意見が出されました。

 2005年(平成17年)の介護保険制度見直しを見据え、引き続き保険料・利用料の減免をねばり強くとりくむこと、地域でのとりくみを拡げること、新しい「介護保険Q&A」第2集を発行することなどを盛り込んだ活動方針や新役員を承認し、総会を終えました。