革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

もうこれ以上の痛みはゴメンだ、小泉悪政NO!10・1集会

 10月1日夜、「もうこれ以上の痛みはゴメンだ・小泉悪政NO!10・1集会」が名古屋市中区久屋市民広場で行われました。

  はじめに、主催者である同実行委員会を代表して見崎愛労連議長が集まった参加者1500名を前にあいさつをしました。

  そのあと、八田ひろ子参議院議員(日本共産党)が国会情勢を報告。つづいて小泉内閣の悪性を糾弾する各界代表の発言が次々にリレー形式でされました。医療改悪に抗議する(社保協)、福祉切捨てやめよ(愛知障害者協)リストラ首切り反対(通信労組)、公務員賃下げやめよ(公務員労組)若者に仕事を保障せよ(民青)、消費税を上げるな(愛商連)、教育基本法改悪に反対する(名高教)、憲法を守れ(新婦人)、イラク派兵を許すな(平和委員会)年金改悪やめよ(年金者組合)と、怒りを込めた訴えに、会場から大きな拍手や声援が起こりました。

  最後に集会決議を採択し、栄周辺へのパレードを行い市民にアピールしました。「小泉改革って、ほんとにひどいよね」の声があちこちでおきていました。