革新市政の会は来るべき2005年4月の名古屋市長選挙で革新・名古屋市政の実現をめざしています。

<< バックナンバーのインデックスに戻る

2003年県内自治体キャラバンに、のべ995名が参加
介護、乳幼児医療などで自治体と懇談

 毎年秋、愛知県社会保障推進協議会など諸団体による自治体キャラバンが、さる10月14日から17日にかけて行われました。愛知県、名古屋市を除く86市町村へのキャラバン行動には、現地もふくめ、のべ995名が参加しました。

 今年の自治体への主な陳情項目は、介護保険料、利用料の減免、配食サービスなど高齢者福祉の充実、乳幼児医療費や妊産婦健診の無料拡大、国保問題などでしたが、懇談では、例えば「住宅改修の受領委任制度の実施や高額医療費や福祉給付金の自動払いの実施」など、財政がきびしいなかでも市町村がその気になれば実現可能な要求を重点にしました。

 キャラバン行動の締めくくりとして、下記の通り名古屋市と愛知県との話合いが予定されています。キャラバンのまとめは、その後冊子にまとめ、各市町村に送付するとともに、県、各地域で報告集会を行います。

名古屋市との話し合い
11月17日(月)午後2時〜4時
名古屋市市役所東庁舎5階大会議室
愛知県との話し合い
11月20日(木)午後2時
愛知県三の丸庁舎6階会議室
※県、名古屋市とも30分前に会場で打ち合わせを行います。