革新市政の会
ご意見はこちらへ
ご意見はこちらへ ご意見はこちら
ご意見はこちら
HOME革新市政の会とは各団体行事日程資料
<< バックナンバーのインデックスに戻る

 

「名古屋市民の誇り『敬老パス』をまもってください」
あいち年金者組合が市会議員への要請行動を実施

 

 名古屋市は8月中旬に発表した「財政健全化計画(素案)」の中で、敬老パスなど福祉予
算を削減する方向を示しています。

 敬老パスは本山革新市政の時代に始まり、その後28年間も続いてきた名古屋の誇りであり、「市民の宝」です。

 松原市長も、今年4月の市長選挙で「なかなか頑張る名古屋の福祉。さらに一層の充実をめざします。高齢者に(所得制限なしで)敬老特別乗車券を交付しているのは名古屋市だけ」(法定ビラ)と公約し宣伝しました。

 また、敬老パスは、高齢者が厳しい家計の中、役所や病院、所用などに気軽に出かける
ことが出来、いつまでも元気で医療や介護のお世話になる期間を出来るだけ短くするための大切な保障になっています。

 あいち年金者組合は、9月に、市会議員の皆さんの自宅を訪問し「高齢者がいつまでも元気に過ごせるために『敬老パス』を守ってください」という要請行動に取り組むとともに松原市長にも「28年間市民が守ってきた敬老パスを取り上げないでください」と、はがきで要請する運動を呼びかけています。

 あいち年金者組合は、敬老パスを守るための運動を市民の皆さんと一緒になって大きく
広げようと活動を強めています。

<あいち年金者組合発>